ジェルネイルで爪の長さを伸ばすことは可能?

もう少しだけ爪の長さを伸ばすことができたら、
オシャレの幅も広がるのにと感じている人もいるかもしれませんね。

てっとり早く付け爪を利用するという手段もありますが、やはり、付け爪には限界があり、
見る人がみたら残念に感じてしまう場合もあるのではないでしょうか。

ジェルネイルは、自爪に直接、塗布し硬化させることで、
まるで自爪のように綺麗に長さを出すことも可能のようです。

ジェルネイルで爪の長さを伸ばせます!

ジェルネイルには大きく分けて、ハードジェルと呼ばれるものとソフトジェルがあります。

その名称の通り、ハードなタイプとソフトなタイプのものとなっており、
ジェルが固まった時の硬さが異なります。

ジェルの強度が強いハードタイプの方が簡単に爪の長さを作り出すことができるようですが、
5ミリくらいが限度のようです。
ちなみにソフトジェルの場合ですと2ミリから3ミリくらいが理想のようです。

爪のダメージに注意しよう

ただ、ハードジェルにて、爪の長さを作り出すとジェルをオフする際に、削らなくてはならない面が多くなり、何よりも自爪に強いダメージを与えてしまう可能性が高いようです。

ですので、ハードジェルネイルによって爪の長さを作り出して、すぐに爪を伸ばした感を味わいたいのであれば、時間や金銭的な面により、自分でジェルネイルを施したいという人もいるかもしれませんが、自爪に与えるダメージのことを考えるとプロのネイリストによるジェルネイルの施術をすることをオススメします。

爪の長さを伸ばすならソフトジェルがおすすめ

ソフトジェルは、ハードジェルに比べると低リスクで自爪を伸ばしたように見せることが可能のようです。2ミリから3ミリくらいですが、それだけでもオシャレの幅は広がるのではないでしょうか。

ソフトジェルは、定着性は良いですが、あまり強度がないので、刺激を与えないように気をつける必要がありますが、急なイベントなどで特にオシャレをしたい場合には良いかもしれませんね。

このようにジェルネイルで爪を長さを伸ばしたように見せることは可能ですが、
自爪ではなく悪魔でもジェルですので、動作などに気をつける必要があるかもしれませんね。

トップページ

★スターターキットで迷っているのなら★
ジェルネイルのスターターキットは種類が豊富で値段もピンキリ。だからキット選びに失敗してしまって挫折する人も結構多い!失敗しないジェルネイルキットとは>>

借金相談